海の日ってどういう日?

温故知新barブログ 海の日  雑談

こんにちは。ONCHIです。

明日(7/23)は海の日ですね!
ですが、ふと疑問に思ったわけです。

 

海の日って何ぞや…

 

そしてちょっと調べたところ、

今年の海の日は例年とは違うみたいなんです

 

今回はそんな「海の日」についてです。

 

海の日の意味と由来

温故知新ブログ 海の日の由来と意味 

7月第3月曜日「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」

国民の祝日に関する法律 第二条より

とこのように定められています。

 

「海の日」の前身は「海の記念日」というものです。明治天皇が1876年(明治9年)に初めて、「明治丸」と呼ばれる船に乗って東北地方を巡幸していました。無事に航海を経て7月20日に横浜に寄港したことを記念した日となっています。

この「海の記念日」が1996年に「海の日」となり、制定当初は7月20日が祝日と定められていました。

そして2003年にはハッピーマンデー制度(日本において国民の祝日の一部を、従来の固定日から特定週の月曜日に移動させた法改正)により「7月の第3月曜日」に定められました。

私たちの美しい日の丸・君が代―子供たちに伝える国旗・国歌物語より

国民の祝日「海の日」の変遷

明治9年(1876) 海の記念日誕生

平成7年(1995) 「海の日」制定

平成8年(1996) 実施(7月20日)

平成15年(2003) 日程変更(7月の第3月曜日)

 

あれ、でも明日は…?

明日は7月23日ではないですか…!

堂々たる第4木曜日です。

 

ですが間違いでもなんでもなく2020年は特別に「海の日」が7月23日(木)なんです。

 

実は、2020年は東京オリンピックの開閉会式に合わせて3つの祝日(「海の日」「山の日」「スポーツの日」)が移動されたため、「海の日」は開花式前日の7月23日になりました。

 

これが例年とは違った理由なんですね!

 

ちなみに新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックは延期となり、来年の7月23日に開幕、8月8日閉幕予定となっています。

それに伴い、今年と同様に開会式の前日に「海の日」、当日に「スポーツの日」、閉会式の翌日に「山の日」が移動されるそうなので、来年の海の日も特別に7月22日(木)になるみたいですね! 

 

スッキリ!!

祝日で連休が増えるのは嬉しいですが、祝日の由来なんかはより薄れていってしまいそうですね。

 

ちょっと由来が気になって調べてみたら思わぬことを知れて少し得した気分です(笑)

 

海の日だからと気軽に海に行けないのは残念ですが、とりあえず湘南乃風でも聞いておくとしますか…?

 

今回はこの辺で✋